silentの鈴鹿央士が当て馬過ぎて辛い?今後の展開や当て馬ポイントを解説!

ドラマ『silent』に出演中の鈴鹿央士さん。

silentでは、主人公・紬の彼氏役なのですが、世間からは「当て馬過ぎて辛い」といった声が上がっています。

今回は、鈴鹿央士さん演じる戸川湊斗の当て馬っぷりと、世間の声をまとめて紹介していきますよ!

目次

鈴鹿央士が当て馬過ぎて辛い?

フジテレビドラマ『silent(サイレント)』が注目されています。

川口春奈さん演じる主人公の紬、目黒蓮さんが演じる、耳が聞こえなくなってしまった紬の元カレの想。

そして、紬と想の高校時代のクラスメイトで、現在、紬と付き合っているのが、鈴鹿央士さんが演じる湊斗です。

silentでは、紬と想が再会し、湊斗が残念ながら振られてしまいそうな雰囲気が漂っているんですよね~。

湊斗は紬のことをとても大切にしているのですが…。

実に切ないです!

世間からは、鈴鹿央士さんの当て馬感が辛いという声まで上がっています。

ドラマの世界では、湊斗のようなキャラを当て馬と言います。

当て馬とは

主役のカップルを引き立たせるために登場する役。

主人公に恋をしているが、その恋は成就せず、大抵は自分から引き下がったり、主人公に振られたりする悲しい役柄です。

この後、鈴鹿央士さん演じる湊斗の当て馬っぷりを振り返っていきましょう!

鈴鹿央士の当て馬ポイント!

鈴鹿央士さん演じる湊斗の当て馬ポイントをピックアップしてみましたよ!

①想の親友で高校の頃から紬が好きだった

silentの第一話では、紬と想と湊斗の高校時代のシーンがありました。

湊斗と想はサッカー部で親友。

紬と想は、出会って間もなく、何となく両想いになっているのですが、中々距離が縮まっていませんでした。

そんな時に紬の背中を押したのは湊斗でしたよね!

「想が紬に彼氏がいるのか、俺に聞いてきてたよ」と紬に教えます。

そこから勇気を出して想に話しかけた紬。

紬と想が楽しく話しているところを見ている湊斗は、そっと教室から出ていくのでした…。

湊斗はこの頃から紬のことが好きだったのでしょうね。

ですが、その後しばらくして、紬と想は付き合うことになるのでした。

高校時代から、湊斗は当て馬感が出ていますね。

②想にフラれた紬と付き合う

高校を卒業した紬と想と湊斗。

高校を卒業した後、想は耳が病気で聞こえずらくなっていきます。

想の耳が聞こえなくなってきたことは、紬も湊斗も知りませんでした。

想は、耳が聞こえないことが理由なのですが、紬には伝えず、LINEで「好きな人がいる。別れたい」とメッセージを送ります。

その後、想と別れた紬は湊斗と付き合うこととなります。

現在は、2人で同棲する部屋を探したりと仲が良い様子です。

高校の先生や、同級生に、紬とのことを惚気たりしていた湊斗。

この描写にも当て馬感が出てたと思うんですよね~!

③とにかく紬に尽くす湊斗

とにかく湊斗は、紬に尽くしていて良い彼氏というイメージが強いです。

湊斗は紬に対し、

・いつでも優しくて怒らない

・紬が新しいスカートを履いてきた時にすぐ気づく

・紬が想に再会し、耳が聞こえなくなっていたと知り、パニックになっていた時に、湊斗は「パンダ(スペース)落ちるで検索して、動画を見て待ってて」と落ち着くように諭す

・その後、会った紬に、「コーヒーとココアどっちがいい?」と聞いて、紬が「コンポタ」と答えると、鞄からコンポタを出して準備してあった

・紬に手話教室を進める

湊斗の鞄からコンポタが出てきた時は、声が出るほど驚きましたよ!

湊は紬に尽くしまくっているんですよね。

そんなところも、最後にはフラれてしまうのではないかと、当て馬感が出てきてしまっていますよね。

④紬と想が会っていた現場に遭遇

silentの第二話では、紬と想が喫茶店で会っていました。

別れた当時の真相を知り、涙する紬と想。

視聴者の涙腺は崩壊です涙。

紬と想は、喫茶店を出て歩いていました。

別れ間際に、紬のスマホが鳴り、着信は湊斗から。

電話で話す紬と湊斗ですが、実は湊斗は近くまで来ていて、紬と想が会っていたところを目撃してしまうのです。

この展開に、視聴者からは、

鈴鹿央士の当て馬感やばい

鈴鹿央士が当て馬過ぎる

というコメントが続出しているんです!

湊斗は今後どうなる?当て馬で終わってしまうの?

湊斗はこれからどうなってしまうのか、気になりますよね。

ドラマ『silent』は、ドラマオリジナル作品で、原作はありません。

ですので、今後の展開はまだわからない状態です。

視聴者から今後の展開は、やっぱり湊斗は当て馬かな?という声も出ています。

第2話までで、完全に紬の気持ちが揺らいでいるのは明白ですよね。

優しい湊斗が、紬と想のために身を引くという事も考えられます。

それとも優しかった湊斗が、気持ちを爆発させて、修羅場的な展開になるかもしれませんよね。

鈴鹿央士は六本木クラスでも当て馬役だった?

鈴鹿央士さんは、2022年7月から放送していたドラマ『六本木クラス』でも、当て馬役を演じていました。

鈴鹿央士さんは、主人公新の宿敵である長屋ホールディングスの会長の息子、龍二役でした。

龍二は、ヒロインの葵にずっと片思いをしていたのですが、葵は新に夢中で、一向に振り向いてもらえません。

葵に言われた通りに、長屋ホールディングスの社長になるよう奮闘しましたが、結局恋が報われることはありませんでした。

鈴鹿央士さんは、当て馬役が続いているようですね。

鈴鹿央士の演技が切ないという声が続出!

鈴鹿央士さんが演じる湊斗について、視聴者からは沢山の声が出ています。

鈴鹿央士さんの当て馬感のある演技が切ないというコメントが多くありました。

また、湊斗が優しすぎる、幸せになってほしいという応援コメントも多かったです。

今期のドラマで大注目の『silent』。

湊斗が当て馬で終わってしまうのか、それでも幸せになれるのかなど、今後の展開に注目ですね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる