仲本工事は痴呆だった?ゴミ屋敷や交通事故の原因は認知症との声も!

2022年10月19日、ザ・ドリフターズの仲本工事さんが、交通事故に遭い亡くなられました。

世間からは悲しみの声がある一方、仲本工事さんが痴呆や認知症だったのでは?という声が出てきています。

この記事では、

・仲本工事が痴呆や認知症なのではという声や理由

・本当に仲本工事は痴呆だったのか

を徹底調査してみました!

目次

仲本工事が痴呆や認知症ではないかという声が続出?

仲本工事さんが、痴呆や認知症ではないか?という声が一部から出ていますので、早速見ていきましょう!

仲本工事さんの訃報のニュースは関心度が高いようですね。

仲本工事さんが痴呆や認知症が疑われる理由は、何なのでしょうか。

仲本工事が痴呆や認知症と言われる理由まとめ!

仲本工事さんが痴呆ではないかと言われる理由を見ていきましょう!

①ゴミ屋敷に住んでいたと報道

仲本工事さんが、痴呆ではないかと言われる理由1つ目は、ゴミ屋敷に住んでいたと報道されたことです。

2022年10月12日、仲本工事さんの住んでいる自宅が、『ゴミ屋敷化』していると報道されました。

新聞紙が敷いてあったり、衛生面の良くない状態で父が犬や猫の世話をしているのは心配です。

引用元:デイリー新潮

仲本工事さんは、ピンクローズというカラオケスナックの2階にある部屋と、1階部分でひとり生活していたとのことです。

自宅の外観がこちらです。

デイリー新潮で報道された、仲本工事さんの自宅の内観がこちらです。

部屋が荒れている様子がわかりますね。

床には新聞紙が敷き詰められており、テーブルには犬猫を世話するためのグッズや仲本の私物が積み上げられていたといいます。

痴呆を患うと、一般的には部屋を片付けられなくなると言われています。

仲本工事さんが痴呆になり、部屋を片付けられなくなったのではと感じた人がいるようです。

②嫁との不仲説

仲本工事さんが、痴呆ではないかと言われる理由2つ目は、嫁との不仲説も関係しています。

仲本工事さんのお嫁さんは、演歌歌手で24歳年下の純歌さんです。

デイリー新潮では、仲本工事さんと嫁との不仲説も報道されました。

【デイリー新潮】仲本工事と嫁の不仲について

・嫁が新しい彼氏ができたから出ていった。

・嫁はお気に入りのペットを一匹だけ連れて、仲本工事さんと残りのペットを置き去りに。

・別居前から自宅がゴミ屋敷になっていたとの話もあり、嫁も掃除や片づけができていなかった可能性も。

・嫁は毎日のようにネット通販をしていて、その代金は別居中でも、仲本工事さんのいる自宅に送り、代金引き換えで仲本工事さんが支払っている。

などなど、結構ヤバい生活だったことが書いてありました…。

そんな環境の中で、

仲本工事さんの痴呆が進んでしまった?

痴呆も原因で夫婦仲が悪くなった?

と考える人もいるのではないでしょうか。

③横断禁止の道路を横断し交通事故

仲本工事さんが痴呆だったのではと言われる理由の極めつけは、なんと言っても今回の交通事故ですよね…。

本当に残念です。

仲本工事さんは、2022年10月18日、横浜市西区の交差点でワゴン車にはねられました。

事故当時の現場は、信号がなく横断が禁止された十字路。

仲本工事さんは、車を縫うようにして道路を渡ろうとしていたそうです。

この仲本工事さんの行動に、世間からは痴呆や認知症によるもので、正常な判断ができなかったのではないかと言われています。

まさかこんなことになるなんて…。

本当に悲しいですよね。

仲本工事の痴呆や認知症説はガセ?

ここまで、仲本工事さんが痴呆ではないかという声や、痴呆や認知症と言われる理由について解説しました。

仲本工事さんが本当に痴呆や認知症だったのかというと、そのような事実は公表されていません。

あくまで噂話です。

仲本工事さんは、ドリフターズのメンバーとして、一世を風靡した素晴らしい芸人でありミュージシャンです。

仲本工事さんのご冥福をお祈りします。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる