能代七夕とは

1世紀の時を経て復活

能代には古くから続く、伝統的な夏の七夕行事があります。

太鼓、笛、田楽と呼ばれる長方形の灯籠を子供達が頭に乗せ、巨大な鯱を冠した城郭型の灯籠を引き回し、まち中を練り歩きます。

文献によると、灯籠の形は天保時代(1830年〜1844年)に、名古屋城を模した城郭型が作られ、これが好評で城郭型灯籠の大型化が進み、 高さ五丈八尺(17.6m)幅三間四方(5.4m)もある灯籠を夜明けまで引廻したとあります。

明治時代に撮影された銀板写真に、当時の巨大な灯籠の姿が残されています。

しかし、電気の普及により、電線が街中に張り巡らされ、その高さは制限され約7〜8mの形になり、現在の電線を潜って通過する際に鯱が倒れるという迫力ある仕掛になりました。

そして平成24年、能代市101号線の電線の地中化が完了したことにより、五丈八尺の大きさの灯籠を運行できる環境が整ったのを機に、大型の灯籠を復活させようという試みがなされました。

能代の活力が低下してきた今だからこそ、大型灯籠を復活させ、私たちのまち能代を元気にしたい。
能代に誇りを取り戻したい。
私たちはその一心で、1世紀の時を超えて大型七夕を復活させました。

平成25年、初の能代七夕「天空の不夜城」を運行することができました。五丈八尺(17.6m)の大型灯籠が1世紀ぶりに能代のまちにそびえ立ちました。
その翌年、平成26年には城郭型灯籠では日本一の高さを誇る24.1mの「愛季ちかすえ」を加え、能代のまちを練り歩きました。

嘉六

 明治時代の銀板写真を元に復元された、高さ五丈八尺(17.6m)の大型灯籠第1基目です。
こちらは平成25年に制作、運行されました。

 名称の「嘉六かろく」は、 能代の七夕行事で最初に名古屋城を模した灯籠を制作した大工「宮腰嘉六みやこしかろく」 の名前から名づけられました。

当時の文献は能代の大火で焼失しており、残された白黒の銀板写真から当時の色彩は再現することはかないませんでしたが、豪華絢爛ながら雅な色合いで纏めています。


各段ごとの名称

1段目「紅白の幕」

紅白の幕の部分が1段目にあたります。

2段目「花灯籠」

花灯籠と呼ばれるこの場所には、華やかな牡丹の花が描かれています。

3段目「波灯籠」

波灯籠と呼ばれるこの部分は、豊かな水が蓄えられた城郭の堀。
泳ぐのは赤青の夫婦鯉に亀、紅白の錦鯉と縁起がよい水辺の生き物を桜が彩ります。

4段目「桜」

桜が描かれるこの段は、華やかな花見の様子が描かれています。
これは江戸時代の風俗画をモチーフに描かれました。

5・6段目「松」

松が描かれるこの段には、名古屋城の襖絵を元に描かれた城内の風景と
武士公家を描いています。

7段目「石灯籠」

こちらは城郭の石垣と漆喰の壁に、門が配置されています。
門は表を「前御殿まえごてん」裏側を「後ろ御殿うしろごてん」と呼んでいます。

8段目「櫓」

櫓が四方に配置されており、一般的に「隅櫓(角櫓)すみやぐら」と呼ばれます。
こちらには石垣と鶴、松竹梅と雀など、縁起の良いとされるものが描かれています。

天主閣と鯱

天主閣または本丸と呼ばれるこの部分は能代七夕では「本御殿ほんごてん」とよばれております。
その上には能代七夕が誇る巨大な鯱が据えられており、この鯱は嘉六のもので高さが3mあります。
愛季

平成26年に制作・運行された2基目「愛季ちかすえ」です。
全高24.1m、城郭型の灯籠としては日本一の高さを誇っています。台車だけで重さ20t、さらに灯籠で8tの重さがあります。
戦国時代の檜山城城主「安東愛季あんどうちかすえ」のエピソードから、勇ましい武者絵巻をイメージして作られました。
灯籠の名称の「愛季ちかすえ」も安東氏から名づけられました。
1基目の銀板写真を基に制作した「嘉六かろく」とは異なる趣で、橙色をベースにはっきりとした色合いになっております。

各段ごとの名称

1段目「牡丹の花と家紋」

牡丹の花と、安東氏の扇の家紋が描かれています。

2段目「鷹献上場面」

安東氏の逸話に織田信長に鷹を献上したという文献が残っており、前面で安東氏の家臣が織田信長に鷹を献上し、褒美の刀剣を賜る場面が描かれます。
後ろの面では鷹の雛を捕獲する場面が描かれています。

3段目「海上の船と秋田杉」

一際目を引く龍は、安土桃山時代の戦船である「あたか船」の船首で、前後にかけて描かれています。
4角に描かれているのは、当時の海上輸送に使われていた「北前船」です。
左右の面に描かれているのは、米代川上流から秋田杉を切り出し、筏に組んで米代川を下り、能代まで運んでいる場面です。 豊臣秀吉が伏見城を築城する際、この方法で秋田杉を大阪まで運んだという逸話があります。

4段目「桜と鳥居」

安東氏が鶴形神社に絵馬を奉納したということから絵馬を。
また正面の水色の鳥居は鶴形檜山神社の石の鳥居をイメージしています。
正面の紫の装束の人物は安東愛季氏、裏面に描かれた人物は息子の「安東実季あんどうさねすえ氏」です。

5・6段目「戦の場面」

檜山安東氏と、雄物川上流域の大名湊氏との勇猛な戦のシーンが描かれています。 5段目では敵陣に攻め込む安東氏が、6段目には湊氏の攻撃を防ぐ息子の実季氏が描かれています。

7段目「隅櫓」

城郭の石垣には四聖獣である、青竜・朱雀・白虎・玄武が描かれ、各櫓の上にも鯱が据えられています。

天主閣と鯱

隅櫓のその上に聳えるのは、織田信長の居城である安土城をモチーフにした天主閣です。
天主閣の上の一際巨大な鯱は高さ5mもの大きさがあります。
お問い合わせはこちらから
お名前 ※必須
メールアドレス ※必須
お問い合わせ内容 ※必須